『MEDex』〜医学部を追体験できる高校生のコミュニティ

『Co-living Camp 〜最高の医学生と共に暮らす〜』
開催期間:2023年3月26日〜4月2日
会場:LIME RESORT HAKONE(https://limeresorts.com/hakone/
主催:高校生みらいラボ(https://koukousei-mirai-lab.jp/
共催:MATSURI
対象:U20の中学生、高校生、ギャップイヤー中の方
定員:20名
参加登録:2月初旬に参加登録開始予定
開催概要:MATSURIが率いる、自分軸で生きる最高の医学生達と共に、箱根のリトリート施設で共に暮らすことで、普段の価値観や考え方、人間関係を一新し、まるで自分も医学生になったかのような追体験をすることができます。医学部追体験ワークショップを受け、自分の理想とする医学部生活や医師人生を確立することができます。事前にオンラインで、自分のVisionやMissionを確立するコーチングを受けてから本会に参加することで、当日の体験価値を最大化することができます。ここで得た医学生との繋がりは、医学部を目指す高校生のコミュニティ”GoMED”で今後も維持、深化することができます。

『MEDex』

世の中の人はもう気づき始めています。
そして医学部に入った僕らは、当たり前のように知っている事実。

『こんなお医者さんになりたい』
そんな風に強く志を抱いて医学部に入学する高校生は稀有である、という事実です。多くの場合は、偏差値が高かったから、経済的に安定しているから、社会的地位が手に入るから、といった理由に下支えられており『医学部でなくてはならない理由』を抱いて入学する高校生は、稀有です。もし志を抱いて入学しても、冷やかな目線と雰囲気が医学部を包み、金太郎飴のような医学生ばかりが増えていきます。

ある意味、それでよかったのでしょう。これまでは。
まるでロボットのように、精密に動く機械として医師が働くことが求められてきました。
しかし、そういった医師は、これからの時代にはどんどん不要になっていきます。

これからの時代は、100人の”優秀なお医者さん”が論理的に導き出すロジカルな解答は、AIが即時に弾き出してくれる時代です。そんな中で我々医師に求められる能力は、ロジカルな思考に加え、強烈な個性や世界観で前進するアート思考です。

そう、これから活躍の場が増えていくのは、自らの世界観や倫理観を強く持ち、たとえ世界がNoと言っても、自分のYesを信じて前進し、世界をリードできるお医者さんなのです。

そしてそのお医者さんとは、必ずしも病院の中で患者さんを治療する人だけではありません。お医者さんとして、街で飲食店のシェフをする、ヨガで人を健康にする、ゲストハウスを運営する、アプリを開発して起業する、社会起業家として活躍する、ヘルスケア領域の投資会社で働く、企業のヘルスケア部門で活躍する、官公庁に勤めて医療政策に携わる、政治家として世の中を変革する、研究で難病の治療法を解明する。こうした人々もお医者さんなのです。

もっと言えば、週6〜7日間、同じ仕事をする必要はないのです。週2〜3は病院で働き、週1は起業家として働き、週1〜2は趣味のサッカーで子供達のサッカースクールを運営する、なんて働き方ができます。そう考えれば、医学部に来て、お医者さんになったとしても、可能性は常に無限大なのです。

僕は気づきました。
あれ、これってつまり、どんな想いを持った人が医学部に来ても、その人にとって最高な未来がデザインできるってことじゃないか。医学部って、ぶっちゃけ他の学部と何も変わらず、多動して、自分軸(ありのままの自分)を見つける場所なんじゃないかって。

これを読んでいて『お前はそんな当たり前なことにも気づいていなかったのか』と思われた方がいたら、大変申し訳ございませんでした。僕はこれを機に、この当たり前だけれども、全く実現されていない現状を変革するために、爆速で前進していきます。

僕が行う変革の3Step

Step1:自分軸で多動している医学部生や若手医師から、医学部時代に経験した最高の体験を抽出し、『医学部生活の最高の体験リスト』を創造します。そしてそれをもとに、高校生達が理想の医学部生活を追体験できるワークショップを開発します。高校生は最高の体験リストから、自分が望む体験を自由に選んで組み合わせ、理想の医学部生活をデザインすることができます。部活して、バイトして、卒業。そんな金太郎飴的な医学部生活ではなく、海外留学、企業インターン、政治家インターン、官公庁インターン、起業、研究、学生団体、、、何だってできます。

Step2:開発した『医学部追体験ワークショップ』を全国の中学・高校生達に届けます。高校に出張授業をしたり、高校生と医学生、医師が集うお祭りを開催したりします。

Step3:全国の高校生がいつでも好きな時に、医学部を追体験できるコミュニティをつくります。このコミュニティを(Medical+experience)で『医学部を追体験できる高校生のコミュニティ”MEDex”』と名付けてみました。このコミュニティは決して、医学部受験を推奨する意図ではありません。むしろ0ベースで、自分のキャリアを考える機会の第一歩にしてもらいます。現状で僕は既に、高校生にキャリア教育やコーチングを提供している『一般社団法人 高校生みらいラボ』で働き、毎週水曜日に1時間半、高校生にコーチングを無償提供しています。今後はこの高校生みらいラボともタイアップしながら、MEDexの活動を拡大していきます。MEDexは、すべての高校生が、最高の医学部生活を追体験できるインフラを敷きます。

一緒にMEDexを盛り上げていきたい医学生。
MEDexで最高の医学生と繋がりたい高校生。
皆さん、お待ちしてます!!
イベント情報のチェックやお問い合わせは、MATSURI 公式LINEから↓

友だち追加
TOP
TOP